婚活パーティー&セミナー

今日は毎年恒例の、連合東京青年委員会による婚活イベントでした。昨年度に引き続き、前半のセミナーではパネラーとして登壇させて頂きました。naka

テーマは「仕事と家庭の両立」と、議員にとってかなり耳の痛い話です。私も自分を戒めるつもりでお話をさせて頂きました。そして、一緒に登壇された先輩議員の心がけに感心するばかりでした。(笑)

労働組合のイベントだからという訳ではなく、現代社会において仕事と家庭・子育ての両立を阻害している最大の問題は、長時間労働だと私は思っています。とりわけ、その長時間労働を美化するような社会の風潮は一刻も早く変えるべきです。議員で言えば「24時間365日政治家」のようなキャッチフレーズを地で行ったらダメですし、それを良しとする有権者のマインドも変えなければなりません。

関連して、最近、某大手広告代理店の新人女性社員が自殺に追い込まれたという痛ましいニュースが流れました。しかし同時に、その大手企業は次世代育成支援対策推進法による「くるみんマーク」を取得しており、今回の事件を受けて返上したという報道もなされました。

私もかねてから、くるみんマークを推進すべきだという主張をしてきましたが、その認定が半ば形骸的なものである一端を示しているようで、大きなショックを受けました。ただ、だからと言って、家庭や子育てにやさしい企業を認定して優遇していく施策を止めていいとは思いません。制度改正も今まで以上に進めるべきです。

しかし、やはり社会の考え方が変わらなければ物事は動きません。ちっぽけな存在ですが、ワークライフバランスが当たり前になるよう、引き続き訴えていきたいと思います。