これからの「民泊」の話をしよう

西崎つばさの活動

レポート12号が完成しました。まずは10日(日)に、新聞折り込みで区内にお届けする予定です。タイトルは、お分かりのようにパクリです。TTPです。
・西崎つばさレポート12号

ネットで多くの方にご覧いただければ良いのですが、中々そうも行かず、十数万円ものコストをかけてお配りしなければならないのが苦しい所です。

今回は民泊を取り上げました。

これまでも、勉強会や先行自治体の比較をしながら、目黒区の民泊をどうするべきか考えてきましたが、今回のレポートでは期間と区域の制限について、
・住居専用地域は平日の営業を禁止する
・ただし、家主居住型(ホームステイ型)は制限の対象外とする
という意見を掲載させていただきました。

目黒区は住居専用地域が65%、住居系の用途地域が80%以上と、住宅街が広がっているのが特徴です。ここに民泊が無制限で入ってくると、現在の住環境が壊れる恐れが大いにあるため、区民の日常生活が営まれる平日に民泊を制限するのは、合理的であると考えます。

一方で、目黒区は「観光ビジョン」において、まち歩き観光を推進する旨を掲げており、実際に現在でも、週末には多くの来訪者が区内各地を訪れています。このことから、週末に民泊を解禁した際の影響はある程度限定される(現在でも観光客の影響を受けているため)と見ることもできます。

ただし、家主居住型については民泊の理想形であり、日本の暮らしの日常を訪日客に体験してもらうことや、ホストとゲスト、場合によっては地域との国際交流を図ることができますし、騒音やゴミ出しなどのトラブルも発生しづらいと考えられるため、制限すべきでないと思います。

他にも、近隣への周知や民泊物件の公表など細かなルール設定は考える必要がありますが、大きな枠組みにおいて、現時点での考え方を記させていただきました。

現在、民泊についての意識調査を独自に実施中ですので、その結果や皆さまからのご意見、アンケートなどを元に、今後の目黒区にふさわしい民泊のあり方を考えていきたいと思います。ぜひ、率直なお考えをお寄せいただければと存じます。

2 件のコメント

  • 本日の読売新聞折り込みチラシにて、当記事を拝見致しました。
    私は目黒本町6丁目に住居しております男性です。
    議員先生の主張なさっている「民泊制度」についての意見につきまして、大変賛同を覚え応援の意味でメール連絡を致しました。
    それぞれの地域でそれぞれの特色・文化・伝統等があり、ここ目黒区に於いては議員先生の仰っている意見の全てが本当に本当に至極まっとうであると感じ、強く支持致します。
    是非、この方向性で「目黒区の民泊について」論議を進めて頂ければと切に願います。
    なにしろ円融寺は「開山約1200年」の歴史のあるお寺です(笑)
    外国人の知り合いを案内し寺の説明すると「えっ?120年の間違いじゃないの???」とよく聞かれますが、胸を張って「いいえ。1200年です!」と言える事が誇らしいです。
    目黒区は議員先生のご指摘の通り良好な治安と閑静な住宅地、そして古い古い歴史に彩られたところです。
    尚、不肖私も円融寺幼稚園卒業で息子も卒園者です。
    先代の阿園長と今の阿園長の2代にお世話になりました。
    (先代が比叡山のお偉い様になられたのも地元民の誇りですね)
    更に私は、向原小学校・目黒九中へと進学したので議員先生とはとても親近感を感じます。
    今後も目黒区の為のご活躍を是非お願いせずにはいられません。

    さて、ここからは大変厳しいお話しをしなければなりません・・・。
    この様なメールでの一方的なお話しはいけないと思うのですが・・・。
    議員先生には親近感を強く感じ、主張には賛同なのですが、ご本人様の応援は出来ません。
    当家家族全員です。
    なぜならそれは議員先生が「民進党員」だからです。
    私たち目黒区民は基本的に「保守主義」です。
    私たちは日本が大好きです。
    穏やかな国民性と素晴らしい文化伝統が誇りです。
    神仏を大切にします。
    その頂点である天皇陛下・皇室が大好きです。
    それをほぼ真向から否定し「反日をモットーとしている民進党」の主義主張には相容れる事は出来ません。
    高校生である長男・長女はネット世代であり、TVやマスコミに騙される事はありません。
    日本の事をネットで知れば知るほど、調べれば調べるほど日本が好きになっています。
    子供たちは「民進党なんてダメだよね。なぜ日本が嫌いなの?なぜいつでも中国・韓国よりの意見なの?変なの」と言っており又、周りの友達も皆異口同音にその様な意見だそうです。

    実は今回、この民泊についてのチラシで家族全員と話しをしたとき「とても良い主張だね。しかも地元の区議さんか・・・おぉしかも出身までパパと同じだな(喜) あれ、えっ、蓮舫?『民進党』じゃん、こりゃダメだ!」となりました。

    せっかくの素晴らしい主張でも、反日政党に籍を置いている方を応援は出来ません・・・。

    地元目黒で円融寺幼稚園出身の方が反日政党に身を置いているのが残念でなりません・・・。

    きっと議員先生にも何かの信念がおありになるとは思いますが、とても残念である事をお伝えしておきます。

    • メッセージをくださり、ありがとうございます。
      民泊については、青木様にご指摘いただいた点も踏まえ、年明けに示されるであろう「目黒ルール」について判断してまいります。

      所属政党については、様々なご意見があろうかと思いますので、受け止めさせていただきます。
      いつの日か、「民進党だけどこの人間だけは応援しよう」と言っていただけるくらい、政党よりも個人の顔が前面に出てくるような議員像を目指し、頑張って活動してまいります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です