常任委員会

西崎つばさの活動

定例の生活福祉委員会が開催されました。議事はこちらです。

(1)は省略します。

(2)「めぐろ芸術文化振興プラン」改定にかかる中間のまとめについて(資料
目黒区では、芸術文化を通して築く「文化縁」の形成と充実を図っています。今回は、その土台となるプランが10年に一度の見直しの時期にあたるため、専門家等でまとめた中間案について審議しました。
私からは、あらゆる芸術文化を支えることは大前提としたうえで、目黒区として何らかの特色をつくっていく意向があるのかを質問しました。例えば、目黒のサンマがあるので落語に力を入れるとか、目黒の売りの一つである竹を素材とした芸術を際立たせていくなど、他地域に比した際に埋もれないような取り組みを提案させて頂きました。

(3)目黒区スポーツ表彰について(資料
スポーツで優秀な成績を収めた区民や団体の表彰についてです。特に議論はありませんでした。

(4)スポーツ推進計画策定について(資料
国のスポーツ基本法に呼応する形で、目黒区の地域事情に則した計画の策定が進んでいます。今日は中間まとめに対する意見書の報告でした。

(5)マラソン大会について(資料
目黒区では初の取り組みとして、行動を使用したマラソン大会が来年度に計画されています。距離は10kmと短いのですが、3000人の参加者を想定し、駒沢通り、自由通り、目黒通り、山手通りをコースとする、なかなかの規模の大会になります。
今後、実行委員会が立ち上がり、その中で詳細を詰めていくとの事ですが、私からは区民枠が1000人では少ないのでは(→一般枠にも入ってくるそうです)という質問と、オリンピックの気運醸成に繋げるのかという確認をさせて頂きました。

(6)保健福祉サービス苦情調整委員運用状況について(こちらで公開される予定です。)
目黒区では、保健福祉サービスを利用している方が、直接、区や事業者に苦情を言いづらい場合の窓口として、苦情調整委員制度を採っています。その報告書についての報告と審議が行われました。私からは、介護保険制度の変更が28年度から実施されることに伴い、苦情が増えてくるのではないか、対策しているのか、という指摘をさせて頂きました。これについては、まだ検討中のようです。

(7)第1号介護保険料軽減強化について(資料
消費増税分を財源として、低所得者の保険料をさらに軽減する施行令を受けて、区の条例を改正する報告です。

(8)旧六中跡地について(資料
現在は一部がスマイルプラザ中央町となっている旧六中の跡地ですが、用地を2分割して片方に定員90名以上の特別養護老人ホーム、もう片方に定員70名以上の認可保育所を整備する素案が示されました。先日視察してきた豊島区の旧庁舎跡地もそうでしたが、目黒区では初めて定期借地権による用地の貸し付けを行い、事業者が整備することになります。

(9)食中毒の発生について(資料
一部報道でも伝えられていますが、区内にある病院の給食施設でノロウイルスの食中毒が発生し、入院患者および併設の介護老人保健施設の入所者あわせて49名が症状を訴えたとの事です。保健所がしっかり指導するよう求めることしかできませんが、特に病院であってはならない事だと思います。