行政サービス窓口の見直しへ

今日は、定例の企画総務委員会。議事はこちらですが、契約報告のみです。

(報告事項)
1.契約報告7件(資料
うーむ、特にコメントもありません。予定価格の設定を慎重に行って頂きたいと要望するくらいでしょうか。入札結果が少し怪しい(悪事という意味でなく)時には、価格が適正であったか、もう一度検証することが大切だと思います。

委員会が30分で終了してしまったので、生活福祉委員会の部屋にお邪魔して、少しだけ傍聴させて頂きました。「行政サービス窓口の見直し」について、報告される予定となっていたためです。

区では昨年から、個人番号カードに格納されている電子証明書を利用することで、コンビニのキオスク端末で住民票などの証明書を取得できるサービスを開始しています。これに伴い、昨年の生活福祉委員会でも、将来的には行政サービス窓口の見直しを行うことが表明されていました。

途中からの傍聴でしたので詳細を聞くことは出来ませんでしたが、駒場と緑が丘の行政サービス窓口を見直す、というか終了させる方向のようで、目黒駅の窓口は当面残すという措置が採られるようです。

私はマイナンバー制度にも賛成ですし、証明書のコンビニ発行も歓迎ですし、行政サービス窓口の見直しもすべきだと思っていますが、個人番号カードの発行率が12%程度と低迷している中で、どうサービスを維持していくのかは慎重に考えなければならないと思います。

今後、詳しい情報が出てきましたら、あらためてご報告いたします。