西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

コカセン

   

昨日の話ですが、子ども家庭課長からレクを頂きました。内容は「子ども家庭支援センター」、通称コカセンについて。(区サイト関連ページ。URLがおかしいですね。)

これは、東京都の事業として平成7年からスタートしたもので、児童虐待の一義的な窓口として機能しています。なお、法制度が後から追いついてくる形で、平成16年に児童福祉法が改正され、現在は全国どこでも市区町村が第一の通報先として設定されています。

しかし、コカセンの詳しい中身については、なかなか勉強が進んでいなかったため、某同期議員と一緒にレクを受ける運びとなったのでした。

まず、よく分かっていなかった大前提として、「子ども家庭支援センター」という施設が存在する訳ではないこと。(笑わないで下さい(^_^;)) 区役所の2階に「ほ・ねっと めぐろ」があり、ひろばや相談室がありますが、そこだけがコカセンではないのです。

係の事業としては、虐待通告窓口を設置するほか、産前産後支援ヘルパーやファミリーサポート、子どもショートステイなどを実施しています。ただ、相談業務ひとつ見ても、児童虐待関連の通報や相談に乗るのは確かに同係ですが、相談の内容が教育であったり、子育ての悩みであったり、発達の問題であったりと、多岐にわたる事が考えられますので、それは各担当部署に繋げて解決を図ることがなされています。

つまり見方によっては、子育てに関する区の支援体制全般が「子ども家庭支援センター」とも言い換えられるのです。

ブログでも再三申し上げていますが、児童虐待防止の対策は、蛇口を閉めることが最も重要です。そのために、児童相談所の設置が不要だとは全く思いませんが、これまでも区が実施してきたコカセンの機能を強化していくことが、より優先されなければならない課題だと思っています。

そして、「コカセンの機能強化」とは「区の全般的な子育て支援施策の強化」であることが確認されました。和光市のネウボラで学んだ「受援力」を高めながら、子育てを全力で支援するという区の姿勢を打ち出すことが、子どもを育てやすい街にしていくだけでなく、虐待の防止にもつながっていくのです。

また大上段に構えてしまいましたが、議会活動の観点からの収穫は、「コカセンの機能強化をすべき」という発言をしても、焦点がぼやけてしまうと分かった事ですかね。どの支援策を切り取って議論したいのか、個別に調査して提案していくことが有効な方法なのだろうと思います。

来月の児童虐待防止月間を控え、若市議のPTも再開予定です。一般質問、どうしようかな。

  関連記事

2018年の幕開け

明けましておめでとうございます。 仕事始めは、恒例の「新年のつどい」から。年々、会場でご挨拶させていただける方が増えていくのは、嬉しい限りです。 今年は、国政で …

目黒平和祈念のつどい

今日は、ちょうど70年前の8時15分に広島に原爆が投下された日。 朝5時から平和を祈る行事に参加し、その後の西小山駅での駅頭演説では、いつものように区政のことば …

沖縄研修

ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟の地方勉強会が沖縄で開催されました。議会改革の波を全国に広げていこうという取り組みの一つです。目黒は波に乗れていませんが( …

二重国籍?

本会議2日目、今日も一般質問です。通告はこちらです。 偶然ではありますが、登壇した5人のうち4人が同期の新人でした。と言っても、既に1年半が経過しようとしている …

マニ大、次世代へ。

マニフェスト大賞の実行委員会が行われ、子籠あきる野市議の後継の委員長を決める選挙が実施されました。 マニ大の実行委員長は、かつては指名制で受け継がれていましたが …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動, 意見・主張

PAGE TOP