インターン・シーズン

民進党の若手地方議員を中心に、夏と冬は学生インターンの受け入れ時期となります。私の所にも、大学生インターンが4名と、3日間限定で高校生インターンが2名、勉強に来てくれています。

大学生チームは今後、活動が本格化していきますので、先に高校生の方のご報告を。

先週のマニフェストサミットに一部重複する日程で3日間、2名の男子高校生がインターンに来てくれました。おそらく、日本中の高校生の中で、議会改革に最も詳しい2人となったでしょう。(笑)

勉強会以外にも、国会見学をしたり、地味な作業をしてもらったりと、短期間ではありますが、政治の世界の一部を覗いてもらいました。

そんな2人の感想で印象に残ったのが、「日本の政治を変えようとしている人たちがいて、実際に変わり始めている」というものでした。

LM地議連で学んだ先進事例を受けての感想ですが、多くの方が政治に悪い印象を持っていて、半ば諦めのまなざしで見ている中、「こんな希望もある」と気づいてくれた事を、大変うれしく思います。

最後の振り返りワークショップでは、これから自分たちが何をすべきか考えてもらいましたが、「普段の生活を政治と関連付けてみる」という、非常に面白くかつ鋭い意見も飛び出しました。

彼らはこれから大学受験を迎え、進学し、いずれは社会に出て行く訳ですが、今回の経験を友達と共有し、メディアに流されずに政治家を見抜く目を養って欲しいと思います。kokkai

この前の参院選の18歳の投票率、目黒区では約67%でした。我々自身も、新しい世代に希望を繋いで行かなければなりません。