西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

マニ大キックオフin舞鶴

   

朝イチで新幹線に飛び乗り、京都府舞鶴市へ。マニフェスト大賞のキックオフイベントとして、昨年のグランプリに輝いた同市の市長の取り組みを学びながら、地方創生時代の議会の役割を考える勉強会が開催されました。

13時から始まる会へ出席するのに、7時半の電車に乗らないといけません。一般的に想像される京都よりも、ずっと遠いですね。

さて、舞鶴市長の取り組み。
多々見市長は、もともと市内の病院の院長をされていた方ですが、各所からの要請を受けて出馬を決意、平成23年に当選し、就任されました。その背景には、市の医療が崩壊してしまうという危機感があったそうです。

舞鶴市は、戦前は軍港、以降も自衛隊の港として重要な役割を果たしてきたのが特徴の一つです。そして、海軍時代の名残から、5万人の街に3病院、1300床もの体制が出来上がり、近隣の自治体からも舞鶴に診てもらいに来ることが当たり前になり、病院もさらに拡大されました。

しかし、平成元年前後あたりから、周辺自治体にも病院が設置されるようになると、患者数が激減していき、それに伴って医者も外へ流出していくという局面になりました。巨額の赤字を出す中で、検討会では4つの公的病院を1つか2つに減らすことが望ましいという答申が出されました。

ただ、病院には病床数の1.5倍の職員がいるとされており、医者は別の場所で働くことができますが、それ以外の職員とは殆どが市民であり、それを放り出すことはできないという悩みも抱えることになりました。

そこで多々見市長の改革。医療機能の選択と集中、分担と連携を進めることで、病院を減らすのではなく、4つの病院があたかも1つの総合病院のような役割を果たすことを目指し、成功しました。

こうすることで、症例が分散せず、優れた医師を確保することも可能になるとの事です。

そして、この考え方は病院に限らず、観光でもまちづくりでも、京都府の北部5市2町が一つの30万人都市であるかのように連携する方策がとられています。今後、ますます必要になる広域連携の重要な視点です。

他にも、行財政改革や人事評価制度の導入、また乳幼児教育への注力など、掲げたマニフェストを自己採点しながら政策サイクルを回しており、それがグランプリ受賞につながったのです。

今日は他にも、大津市議会のミッションロードマップや意思決定条例、福知山市議会の出張委員会や亀岡市議会の子ども議会、京丹後市議会の後払い式政務活動費など、議会改革の事例報告を受けました。中でも大津市議会の意思決定条例については、来月の勉強会で詳しく聞かせて頂く予定ですので、非常に楽しみです。

  関連記事

公会計、統一的な基準へ。

今日は定例の企画総務委員会でした。マニ大など他の業務に追われ、唐突な感じすら受けますが、こちらが本業ですね。議事はこちらです。 1.守谷教育会館跡地(資料) 中 …

PT打ち合わせ

若手議員の会の児童虐待防止PT打ち合わせ。先日の品川研修を受けての振り返りと、今後の活動について話し合いました。 この会は、9月から新しい年度となり、人事など色 …

オリパラ応援プログラム

今日は特別委員会。議事はこちらで、なかなかライトです。軽い方のライトです。 1.気運醸成事業(資料) オリパラ気運醸成に向けて、主に区が実施する事業の報告です。 …

文教・子ども委員会も初

定例の常任委員会開催日。文教・子ども委員会に所属することになってから初めての会議です。会派の先輩である吉野正人議員が、これまた初めての委員長を務めています。 1 …

3基金設置、決算など上程へ

週末のお神輿助っ人で身体がガタガタですが、定例会3日目。今日は議案上程ですので、ざっと報告してまいります。補正予算や決算を除くと、今回の目玉は基金設置条例3本と …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動

PAGE TOP