西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

FMゲーム

   

議会の模様などをご報告していたら、重要な取り組みをブログ掲載するのを忘れていましたので、このタイミングで書いておきます。

先月2月24日、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟(LM地議連)の定例会で、ファシリティ・マネジメント(FM)について学んできました。目黒区でも現在、区有施設見直し計画の策定に向けて動いている所ですが、FMは全国で同様に課題となっています。

目黒区の企画総務委員会でも常にポイントになっているのは、「総論賛成、各論反対」をどう乗り越えるかという事です。つまり、全ての施設を維持していくのは財政的に無理なので、削らなければならない事は理解できるが、自分の地域の施設は無くしてくれるな、という意見ですね。

この理解を深めるために、埼玉で考案され実施されたのが「ファシリティ・マネジメントゲーム」で、マニフェスト大賞の審査員も務める三菱UFJリサーチ&コンサルティングの西尾真治さんが中心となって開発されました。今回は、参加者が幾つかのグループとなって、実際にこのゲームを体験してきました。

ゲーム自体は直感的にできるものですが、一つの自治体が4つの地区に分かれ、それぞれに施設があり、人や金が配分されている状態から始まります。人口動態の変化に併せて、施設を廃止したり、複合化したり、場合によっては新設したりして、財政を適切に運営しつつ、ニーズにあった施設を維持していくことが目的となります。言葉で説明すると難しいですね(^^;;

最も難しい点は、単純にその時のニーズに併せて施設をくっつけたり削ったりしていると、肝心の「どのようなまちづくりを行うか」が疎かになる点です。そこをグループで合意して進めていかないと、ニーズを満たせたとしても面白みのない街が出来上がってしまいます。

そして、これこそファシリティ・マネジメントで最も重要な点なのでしょう。つまり、自治体で大きな合意があってこそ、物事が進んでいくという事です。指摘があったのは、「総論賛成、各論反対なんて有り得ない」ということ。つまり、各論に反対している時点で、総論に賛成していないという見方です。鋭く、面白いですね。

目黒区では、総論の部分での双方向の対話が大きく欠落している印象を受けます。この事は、これまでの委員会でも指摘してきました。区は、各論の部分で対話を充実させていく意向のようですが、そもそもの部分で合意がないまま進めていくのは容易ではないでしょう。

西尾先生から色々と資料も頂いたので、目黒区においても、各論に入る段階であっても、総論的に、何が必要とされているかを直感的に理解して頂くツールとして活用できないか、可能性を探ります。

  関連記事

再びスイッチ

今日はインターン生5名が総結集。定例会の準備を進めながらではありますが、政治について考えていることから、自分の住んでいる街の問題点まで、即席で調べてプレゼンして …

エルゴで臨む議会報告会

自分の報告会の翌日は、品川の議会報告会へ。昨年に続いて2回目の開催で、また武蔵小山周辺住民(笑)として参加してきました。今回は、石田しんご区議に身分を明かされて …

関東役員会

今日は祝日ではありますが、関東若手市議会議員の会の研修会および役員会が行われました。私は厳密には関東の役員ではないのですが、初回の顔合わせという意味も含めてお招 …

台湾3日目。

台湾滞在3日目です。 今日は台北から金門島に移動。中国から僅か12kmに位置し、激しい攻撃を受けながらも、台湾の領土として守り抜かれた島です。 産業構造や国共の …

乳児用液体ミルク(その1)

先日、乳児用の液体ミルクの解禁を目指して活動されている末永恵理さんにお目にかかる機会がありました。末永さんは、自身のお子さんを育てる際に授乳に苦労した経験から、 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動

PAGE TOP