保育園や学童などを視察。

委員会視察、今日は子育て支援関連施設。行程はこちらの通りです。

・モニカ都立大園(株式会社モニカ)
賃貸型の認可園として、2017年4月にオープンしたばかり。外観からは、とても保育園とは思えないほどお洒落な造りです。都立大学駅周辺の雰囲気に合わせているのでしょうか。リトミックや英語を、専門講師をつけて取り組んでいるのが特徴です。

・アスク上目黒保育園(株式会社日本保育サービス)
上目黒小学校の一部を保育園にして、この4月にオープン。家庭科室、理科室、視聴覚室、図工室を移して空きスペースを生み出したとの事です。なんと言っても小学校との連携が可能であることが特徴で、使っていない時は校庭の使用もOK。

小学校の名残で、幅の広い廊下となっています。

小学校側から。あの壁の向こうに保育園があります。本当はドアなどを設けて交流の機会を広げたいのですが、防火上の理由から不可との事。

・中目黒どろんこ保育園(社会福祉法人どろんこ会)
これまた洗練されたカフェのような外観。とても「どろんこ」の名前がついているとは思えません。

裸足保育、異年齢保育、機会を排除しすぎない保育を掲げており、かなり特色の強い保育園であるという印象を受けました。

・不動児童館学童保育クラブ/区民センター児童館学童保育クラブ
それぞれ、学童の利用者増加に伴い、定員を拡大してきた施設です。保育園をはじめ様々なニーズがある中で、学童の拡充も喫緊の課題となっています。区民センターの方では、プレイルームを学童クラブ室へと転用しましたが、このように優先順位をつけて対応していなければ、早期の解決は難しそうです。