西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

「防災部」視察(荒川区)

   

昨日の続きで、今度は荒川区の防災部の視察報告です。

荒川区は、区内の6割強を木密地域が占めており、防災が非常に優先度の高い事項となっています。首都直下型地震の被害想定では、14%の建物が焼失するという想定がなされています。

一方で、区民防災組織の高齢化や、いわゆる現役世代が日中は働きに出て不在であることから、万が一の際の体制に不安が残ります。

そこで、地元の中学生に「助けられる人から助ける人へ」の意識を持ってもらいたいという区長の強い意向で、平成27年から防災部が創設されました。全ての中学校に組織されており、兼部も可能で、区内10校の生徒3234名のうち444名が加入しています。(H29の数字)

活動内容は、D級ポンプやAEDの操作訓練といった技量の向上、ジュニア防災検定の取得に向けた知識の向上、釜石市の訪問や交流、帰京後の報告会といった意欲の向上が3本柱となっています。また、防災イベント「あらBOSAI」への出展・運営や、各防災訓練や避難所開設訓練、夜警への参加なども行われています。

平成29年からの教育ビジョンにも防災部が明記されており、地域での役割が期待されるほか、小学校への広がりも検討されているようです。また、1期生の卒業にあたってOBOGのネットワーク化も始まり、今後の発展に注目ですね。

この日は、近隣学童との合同避難訓練で、一時避難所である中学校まで、小学生たちを丁寧に誘導する様子を見せていただきました。こうした地域の活動に溶け込みながら、防災力の向上が図られているのは素晴らしいことだと思います。

そして、防災にとどまらず、地域行事への参加や敬老の日ボラティアなど、地域と中学生を繋いでいる防災部の取り組みは、全国的に参考になる事例ではないでしょうか。

  関連記事

入所予約制

今日は質問する機会がなかったので、先日の健康福祉費に関する質問の後半を紹介します。 3.保育施設の入所予約制 厚生労働省の概算要求に、保育所の入所予約制が盛り込 …

新年度の委員会

平成28年度になってから初の常任委員会が開催されました。議事はこちらです。 なお、現在のメンバーで開かれるのは、今日を入れて残り2回との事でした。 先日も少し触 …

控室の引越し

区議会の控室が、一斉引越しの日を迎えました。われわれ民主党は一つ隣の部屋に移るだけなのですが、本棚の資料から湯のみまで、全てをパッキングして引っ越すことに変わり …

資源泥棒

毎晩、消防団から町会へと夜警のハシゴ。毎年恒例ですね。 さて、これは先週の話ですが、自宅のすぐ近くの路上で、資源の持ち去りと思われる現場に出くわしました。 日曜 …

蓮舫 参議院議員の秘書を退職いたしました

(写真は返却した通行証です。) 昨日3月31日を持ちまして、蓮舫 参議院議員の秘書を退職いたしました。 この間、政策業務を担当し、役所の事業を厳しく点検する作業 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動, 研修・視察

PAGE TOP