西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

議選監査委員は必要か?

   

市民と議員の条例づくり会議に参加。今日から2日間にわたって開催されますが、初日のメインテーマは議会選出の監査委員について。

地方自治法の改正に伴い、来年4月からは監査委員を議会から選出しないという選択が可能になります。
監査委員は、行政の財務や事業が適正に処理されているかをチェックする存在で、これが不要だという議論は有り得ませんが、議員が監査委員になる必要性については、これまでも議論のあった所です。

論点としては、
・議員の最大の仕事の一つは行政のチェックであり、監査委員という形で行うのが適切なのか。
・二元代表制の観点から、行政の内部組織にあたる監査委員に議員が加わる矛盾はクリアできるのか。
・高額の報酬を受け取るほどの仕事をしているのか。
このあたりになろうかと思います。付言するならば、目黒区の議選監査委員には、議員報酬に加えて月額20万円近くの報酬が発生します。

今日の話を聞いて感じたのは「ちゃんと仕事をするなら必要だ」という、ごく当たり前のことでした。そのうえで、報酬の金額は下げる方向に見直す余地があると思います。

不要論は、「大して仕事をしていないのに高額の報酬」というイメージから発生しているものと思われ、それをクリアしていくことが必要だと思います。今日登壇した議選監査委員経験者の方々は、監査報告書を自ら書くことすら経験しており、行政にとっては、守秘義務があるとは言え、議会の目を意識することは非常に大きなプレッシャーになると思います。

ただし、そもそも議会(だけではありませんが)には監査請求権もありますし、二元代表制の矛盾も残ります。その辺りは整理しきれておらず、もう少し考える必要があります。

条例を制定すれば議選監査委員を廃止できることになりますが、逆に何もしなければ制度的には何も変わりません。しかし、ただ寝ているのではなく、目黒区議会として何らかの意思表示をする必要性も感じますし、それは言うまでもなく、個人ではなく議会全体で議論されたうえで示されなければなりません。

さて、明日も続きます。

  関連記事

予算要望の取りまとめ

今日は朝からずっと、会派の予算要望の取りまとめが行われました。 来年度(2016年度)へ向けて、民主党目黒区議団の各議員が、それぞれの問題意識や過去の経緯などを …

目黒区体育祭

目黒区体育祭の開会式に出席してきました。区内の計38団体、300名近くが集まっての壮大な催しでした。 私は少年野球連盟に関わっているので、特に思い入れがあります …

バス・コミュニティ

今度は群馬県桐生市。若手市議会議員の会の研修に、関東中から仲間が集っています。 今回学ばせて頂いたのは、低速電動バスによる交通弱者対策で、同時に地方創生と低炭素 …

新レポート完成。

ほぼ突貫工事でしたが、第2号となる新しいレポートが完成しました。今後、駅頭などでお配りさせて頂く予定です。 レポート第2号「目黒区の子育ては本気か?」 実際に配 …

土地開発公社

週末の3連休は、全力で少年野球に参加しておりました。 区議会は、第1回定例会の締めくくり本会議までの中日(なかび)となっています。今日は、目黒区土地開発公社の評 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動

PAGE TOP