西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

オープンガバナンスに向けて

   

武蔵小山から南北線で1本、東大へ。行政のデータを活用し、諸課題を市民の力で解決する「オープンガバナンス」の事例報告を聞いてきました。

これは、「チャレンジ!!オープンガバナンス2017」というコンテストに向けたイベントで、昨年も1度、講演会に参加させていただいた事があったものです。今日は昨年の受賞者による報告でした。

グランプリは、中野区の里親をしている方による、里親とファミサポを結びつけ、地域の子育て支援環境を整える取り組みでした。区が持つデータを元に、社会的養護の問題点を分析し、この取り組みの根拠として示しています。職員の方によると、業務負担はほとんどなく、データを渡すだけだった、とのことでした。

また、アイデア賞に輝いた川崎市宮前区の取り組みは、子育てを支援するお店などの細かな情報を集め、見える化したものでした。実感から課題を抽出し、データは後づけ的に用いたとの事でしたが、定性的なデータを扱う難しさも感じさせます。
もともとはピープルデザイン未来塾という、身近な困りごとをどう解決するかという講座からスタートしているそうで、さすがは福田市長が率いる川崎市だと思いました。

他にも、政令市の120項目データを作成し、比較を可能にした取り組みや、進路学習から発展してオープンガバナンスに取り組んだ高校など、先進的な報告がありました。

最も印象的だったのは、協働の類型において「市民参加型は行政の関与が大きい」という指摘でした。つまり、行政が何らかの事業を実施するにあたり、市民参加を用いる手法は一般的ですが、年度で区切られたり、一定の結果責任が伴ったり、着地点をコントロールしたりという側面があるということです。

真の協働とは、テーマ別コミュニティ型であるとし、市民が起点となることが重要であるとの意見に、ハッとさせられました。だとすると、市民参加型さえ不十分な目黒区は、この分野でも周回遅れになりつつあるということです。

オープンデータは推進すべきと考えていますが、その活用については、複雑な課題がありそうです。そろそろ私も、本腰を入れて勉強しなければ。

  関連記事

ダイアローグ(その1)

初当選を頂いた区議選からちょうど1年の今日は、静岡県の牧之原市で過ごすことに。ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟が主催する、マニフェスト大賞のキックオフ研修 …

連合東京 勉強会

今日の午後は、田町駅近くの交通ビルにて、連合東京の勉強会に参加してきました。 連合では、国、都、基礎自治体全てのレベルの行政に「政策・制度要求」を取りまとめて提 …

ハラールって何?からスタート

若手議員の会の研修2日目。今日は台東区を訪問し、観光振興施策を学んできました。 と言っても、私は午後から別の予定が入ってしまい、お昼までしか滞在できませんでした …

委員会に一区切り

ネクタイを取り払って最初の委員会は、5月の臨時会前では最後の定例の委員会でした。初当選後、1年間所属してきた生活福祉委員会も、とりあえず一区切りとなります。 1 …

民主党都連、青年委員会

民主党東京都連の青年委員会の第8回総会が本部で開催されました。40歳以下の議員で構成される組織です。私は新人ではありますが、秘書時代にお世話になっている方ばかり …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動

PAGE TOP