西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

乳児用液体ミルク(その1)

   

先日、乳児用の液体ミルクの解禁を目指して活動されている末永恵理さんにお目にかかる機会がありました。末永さんは、自身のお子さんを育てる際に授乳に苦労した経験から、ネット署名サイト「Change.org」で液体ミルクの解禁を呼びかけたところ大きな反響を呼び、それ以降も実現に向けて活動されている方です。

そもそもの問題は、厚労省の乳等省令第二条の37にある、『この省令において「調製粉乳」とは、生乳、牛乳若しくは特別牛乳又はこれらを原料として製造した食品を加工し、又は主要原料とし、これに乳幼児に必要な栄養素を加え粉末状にしたものをいう。』という規定が見直されてこなかったことに端を発します。
(参考:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26F03601000052.html

つまり、粉ミルクしか想定していなかった時代の規定が、製造技術が大幅に進歩した現在でも変わっておらず、液体ミルクの製造・販売が認められていないのです。欧米では1970年台から普及し始めており、大きな違いがあることが分かります。

簡単にメリットとデメリットを紹介します。
<メリット>
・粉ミルクを溶かす場合よりも時間がかからず、さらに衛生面でも優れている。
・水や火が要らないため、外出時は勿論のこと、震災時にも利用できる。
・母親の健康状態に関わらず、乳児に与えることができる。

<デメリット>
・製造コストが高く、価格も必然的に高くなる。
・粉ミルクに比べて、消費期限が短い(6か月と言われる)。

利用するかどうかは消費者次第ですし、それ以前に製造・販売するかどうかはメーカー次第です。ただ、法の規制でそもそも禁止されているのは、行政の不作為ではないかと思います。

なぜ日本で解禁されていないのか、翌日に続きます。
(続きはこちらです。)

  関連記事

2016大晦日

いよいよ年の瀬ですね。予定していた仕事がいまだに終わらず、泣き出したい状況ではありますが、もはや新年に持ち越す覚悟を固めることにします。 さて、今年は、私にとっ …

浦安市へ

児童虐待防止PTの条例視察、第2弾ということで浦安市役所を訪問してきました。50ccバイクの限界は遥かに超えているため、今回は近隣の議員仲間で車に相乗りです。 …

目黒区の認可保育園の状況(2017)

目黒区の認可保育園の一次選考結果が発表となりました。郵送ですので、順次、親御様の元に届くことになるかと存じます。 全体的な状況を一言で表すと「昨年と変わらず」で …

民泊新法へ向けての勉強会

地方議員あるあるですが、研修会の価格設定に驚くことが多いです。1時間半の講演で1コマ1万5千円とか、若市議を考えたらビックリの参加費用が求められています。 政務 …

保育園への申込状況は?

多くの方にとって、今日が仕事始めですね。目黒区でも「新年のつどい」が、私の古巣でもある目黒雅叙園で開催され、職員、議員ともに仕事始めとなったようです。 さて、昨 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動, 意見・主張

PAGE TOP