ハッピーベイビー

今朝は手塚さんと学芸大学駅東口での駅頭。

役所で事務作業をこなした後、東京ドーム…ではなく、そのお隣りの文京区役所へ。東京若手議員の会の役員会およびミニ研修に参加してきました。

役員会では、今後の研修や総会についての打ち合わせ。各議会が休会している(会長は通年議会ですが)間に、盛り沢山の内容が詰め込まれます。詳しくは折に触れてご報告いたします。

研修は、文京区のハッピーベイビープロジェクトについて。「子どもを望む全ての人へ」向けた事業で、適切な時期に正しい情報を伝えることを主眼においています。堅く言えば少子化対策事業ですね。
ハッピーベイビープロジェクト

作成された冊子(上記ページから見られます)のクオリティは素晴らしく、苦心して作り上げた事がすぐに分かります。

現実には都市部で「多子化」に悩まされ、保育の問題などが起こっている中、成澤区長の肝いりで進められた事業との事で、「文京区らしさ」が伝わってくるようです。

これを目黒区で提案したところで、「それは国の仕事だ」と一蹴されるでしょう。まさに、地方分権で各自治体の質に差が出てきている事を示している気がしました。

とは言え、こちらもTTPを掲げる立場ですから、「良いものは徹底的にパクる」の精神で、目黒区でも同じような事ができないか、提案してみたいと思います。