西崎つばさ オフィシャルサイト

目黒 選挙 民進党 区議

*

目黒区まっぷたつ

   

業界に衝撃が走っています。

先日、1票の格差を是正するための小選挙区の区割り見直しについて、政府の審議会から勧告がなされました。
審議会のページ

そもそも、目黒区が丸ごと含まれる東京5区は、これまでも1票の価値が全国的にもワーストクラスで低い選挙区とされ、格差の見直しでは常に話題に上がる区ではありました。

今回の見直し勧告では、どこも非常にイビツな形で行政区が割られており、目黒区は北部~東部を中心に、第1投票区から第12投票区までが東京7区、残りが変わらず5区となる案が示されています。
目黒区の区割り案(NHKサイトより)

これにはショックを隠せません。私の住む南部地域に変更はないのですが、27万人口の目黒区民のうち、約9万人が7区ということになります。まっぷたつは言い過ぎですが、1対2で分かれてしまいます。

さらに、個人的(組織的?)に問題なのは、5区の総支部長である手塚よしお氏が居住し、かつ事務所もあり、駅頭も活発に行っている中目黒駅周辺が7区となってしまうことです。どうするのでしょう。

将来的には、7区選出の衆議院議員である長妻昭さんと私が、中目黒駅で駅頭をするなんて光景も現実的に考えられます。にわかには信じられませんが。。。

しかし、原理原則から言えば、衆議院(国会議員)は国民の代表であると、憲法に記されています。つまり、どこの選挙区であろうと、地元への利益誘導ではなく、日本の将来を託すことのできる人物を選挙で選ぶという事です。これをきっかけに、国政選挙のあり方について再考し、深掘りしてみる風潮が広がれば、それはそれで良いことだと思います。

ただ、2020年の国勢調査以降にも抜本的な1票の格差是正が予定されています。党としての活動がやり辛いという実務的な支障も否定はできませんね(^_^;)

  関連記事

アイコス、OK?

決算4日目。なんと終日、健康福祉費の質疑が続きました。この項目では、ご高齢者から子どもまで幅広く対象となりますので、委員によって本当に様々な切り口があります。「 …

2017都議選を終えて

都民ファーストの大勝利、自民党の歴史的大敗で、今回の都議選は終了しました。それにしても、自民と公明が並んで23議席、続いて共産党が19議席というのは、いかにも衝 …

若市議「都議会」研修

総選挙に押されて大変でしたが、いよいよ迎えた東京若手議員の会の今年度第1回目となる研修会。今回は新たに当会から誕生した都議会議員の協力も頂き、都議会において実施 …

図書館のこれから

昨日は、茗荷谷のTRC図書館流通センターにて、ローカルマニフェスト(LM)推進地方議員連盟の研修会に参加してきました。突然の指名を頂いて司会を務めることになりま …

ここが変だよ目黒区議会

さんざん引っ掻き回されましたが、ようやく明日、臨時会が開会される見込みです。 任期がスタートしてから3週間、新人として様々な場面に接してきましたが、納得いかない …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 - 西崎つばさの活動

PAGE TOP