強風にご注意(情報審)

情報公開

2019.2.4 情報公開・個人情報保護審議会(議事次第

・今回の諮問事項
・前回の答申

諮問事項 → 全て全会一致で「可」

年金生活者支援給付金(資料

消費増税と同時に、一定以下の年金受給者に対して支給される「年金生活者支援給付金」の制度が開始されることに伴い、受給資格判定に必要となる所得情報などの個人情報を日本年金機構に伝えるための措置が必要となるものです。

既に介護保険料を天引きするためのデータ授受が行われており、そこに情報を追加する形での運用となります。

障がい者アート展(資料

2020年の東京オリパラに伴う、文化の祭典としての取り組み「文化オリンピアード」の一環として、障害者アート展覧会を芸術文化振興財団に委託して実施するため、運営する中で必要な個人情報の扱いを定めるものです。

展覧会終了後の個人情報の扱いや、紙媒体のみで管理することの信憑性(作品説明カードを手書きで作るのか?)など、疑問点が払拭できていないことは否めませんが、事業自体は素晴らしい理念のもとに進められるものですので、注意しながら実施して欲しいという雰囲気で可とされました。

ランドセルひろば拡充(資料

来年度から2つの小学校で試行される「放課後子ども総合プラン」における居場所づくりにおいて、これまで直営で実施してきた「ランドセルひろば」を校庭以外にも広げるとともに、学童保育クラブを受託している事業者に併せて委託するものです。

区は、児童のおよそ9割という相当数の利用を見込んでおり、来年度の大注目事業の一つです。

情報提供

個人情報書類の紛失(資料

Twitterでは既にお伝えしましたが、2月1日に個人情報が記載された書類の紛失事故が発生しました。

区が事業者に委託している「産前産後ヘルパー事業」において、利用者宅を訪問する途中に資料を確認しようとした際に、強風で紙が飛ばされてしまい、1枚が見つからなかったものです。「確かに風が強い日が続いてたしね」では済まされない問題で、管理方法の検証が必要でしょう。

また、物理的に紛失したら追跡できない紙媒体の危険性も、しっかりと認識していかなければと思います。