民泊システムがスタートします

情報公開

2018.6.4 目黒区情報公開・個人情報保護審議会(議事次第

私は、議会の役職変更後も引き続き、情報審のメンバーとなっています。なお、委員名簿に若干の変更がありましたので、あらためて貼り付けます。

委員名簿

本日は諮問3件と報告1件でした。

1.民泊制度運営システム(資料

いよいよ今月の15日から住宅宿泊事業法が施行となりますが、その実施にあたって、届出や登録はネット活用が基本とされていることから、国が運用するシステムを利用するための諮問です。

やはり民泊の是非について議論が盛り上がってしまいましたが、それとは別に、こうした行政手続きについて、基本はオンライン手続きとされていくことには大賛成です。

2.在外選挙人住所確認システム(資料

前項と同じような諮問です。

公職選挙法の改正により、国外在住の日本人が国政選挙で投票する際に要件となる在外選挙人名簿への登録について、手続きを迅速化できる「出国時申請」の制度が導入されました。

これに対応するため、外務省が運用する「在外選挙人住所確認システム」を利用するために、諮問されたものです。

なお、改正法が施行された6月1日から現在までに、すでに3名の方が対象となっているとのことです。

3.区連体での電光掲示板(資料

全ての目黒区立中学校が参加する連合体育大会(区連体)では、駒沢公園の陸上競技場の電光掲示板に、選手の名前や記録、順位などを表示させています。

これまでは、専門知識のある教職員が同業務を担当していたのですが、その方の異動に伴い、業者に委託する必要が発生したため、個人情報の受け渡しについて諮問されたものです。

3年生の時に応援団やったなぁ。懐かしい。

4.制度の実施状況(資料

2017年度分の、情報公開制度および個人情報保護制度の実施状況の報告です。

開示請求は52件、情報の公表は332件、個人情報保護制度の運用(提供など)件数は88件、自己情報に関する請求は97件となっています。