LM、情報審、LM

慌ただしい一日。

朝は中目黒駅東口の駅頭からスタートし、その後は衆議院議員会館へ。11時からローカル・マニフェスト(LM)推進地方議員連盟の総会に参加したのち、13時からのLMサミット(研修会)を少しだけ聞き、14時には区役所へ戻って情報公開・個人情報保護審議会へ出席。15時過ぎに終了したため、また議員会館へ戻り16時からLMサミットを受講することができました。

研修内容は明日にまとめてご報告することとし、こちらでは審議会情報を。
議事はこちらで、諮問が2件(内容)でした。
なお、参考までに前回の答申も配布されています。

1.発達障害支援事業(資料
区は2018年4月から、東山住区センター内で発達障害支援拠点を開設させる予定ですが、ここで委託事業として実施する予定の相談支援や啓発事業などにおいて、個人情報を扱うことになるため、諮問がなされたものです。
現在でも月1回の相談会が委託として行われており、以前も諮問があったものですが、今後は拡大という形で、常設の拠点で行われる事になります。もちろん、啓発に関連した事業などは広い会場などで実施されるのでしょう。
賛成多数で承認。

2.公金収納ネットワークサービス(資料
指定金融機関(みずほ銀行)が既存のネットワークでは伝送できず、外部記憶媒体を用いていた収入済データや口座振替データについて、LGWAN回戦を利用して行うことのできる「公金収納ネットワークサービス」が開始された事から、それを利用するために諮問がなされたものです。賛成多数で承認。
なお、今回は税務課の業務を主として、国保年金、介護保険、清掃リサイクルなどについての諮問となっていますが、同様の枠組みで実施されるものについては承認されたとみなし、内部組織でのチェックで済まされます。具体的には、保育料や公営住宅の賃料が想定されているようです。